納税義務者のポイント

税金を納めないといけない人のことを納税義務者と言いますが、税金の中であまり聞きなれないものの中には、都道府県が課税する不動産取得税という不動産を買うことが無い人にはまったく関係がない税金があります。
この税金を払うべき人は、不動産を取得した人になりますが不動産には建物と土地とがあり、それぞれについて名義人に対して納税するように通知が来ます。
この不動産取得税はたとえば不動産を購入した際に登記をすることがほとんどなので、その登記の情報が登記を受け付けて処理をしている法務局から、誰がどの土地を所有したのかなどの情報が市町村や都道府県に伝えられ、それから税金を課税する準備に入るので不動産を購入してからかなり時間が経った後で税金を支払うように通知が来ることがほとんどです。だいたい半年程度かかるようですが、地域によってはもっとかかる場合もあるでしょう。いずれにしても忘れた頃に来るということは知っておいたほうが無難です。
また、登記をしていない場合も行政は必ず調査して、納税義務を負うべき者を特定して課税してきますので、逃げ隠れはできません。


なお、この税金は固定資産税ではないので、毎年課税されるものではありません。取得したときだけの一回限りの税金です。

Filed under: 未分類 — へいちゃん 5:33 PM