相続や遺贈の場合は非課税

不動産取得税は、不動産を売買で購入したときはもちろんですが、無料で贈与を受けたときでも申告・納税義務があります。深刻は不動産を取得した日から60日以内となっており、これを怠ると、不動産取得税の控除が受けられなくなりますので、忘れずに申告しましょう。なお、不動産を取得しても、不動産取得税がかからない例外的なケースとして、所有者の死亡により、配偶者や子供概算を受け継ぐ場合や遺贈などがあります。


この場合には、不動産取得税は非課税になりますが、遺産が高額であった場合には税務署に所定の申告や相続税の納付が必要になります。不動産の価値を決めるときは、費用を払っても鑑定士に依頼したほうが税金が安くなるケースもありますので、税理士や税務署職員に相談したほうが良いでしょう。なお、登記にかかる費用も売買や贈与の場合と比べて、登録免許税が安くなります。不動産を身内に譲るときには、固定資産税以外にも不動産取得税や登録免許税などの各種費用が発生することになります。結果的に所有権を移すとしても、それぞれの手続きに税金や費用がどれくらい必要なのかということも考慮に入れた上で、最適と思われる手続きをしたほうが良いでしょう。

Filed under: 未分類 — へいちゃん 5:34 PM