贈与の場合は課税される

不動産取得税は、不動産を購入したときのみ申告や納付義務があると考えている人も少なくありませんが、全く費用負担をせず、贈与を受けたときであっても課税されますので要注意です。申告についても、不動産を譲り受けてから60日以内に県に手続きを行う必要がありますので、忘れずに申告しましょう。不動産取得税の税額計算においては、不動産を購入した金額ではなく、固定資産税の評価額に所定の税率を乗じたものとなっており、高額の不動産を無料で譲り受けた場合などは、不動産取得税が予想以上に高額になる可能性も高くなりますので気をつけましょう。


不動産取得税の納付時期は地域や時期によっても異なりますが、場合によっては不動産を取得してから一年以上経過したころに通知が来る可能性もあります。そのため、急に高額の現金が必要になってあわてることも珍しくありませんが、不動産を取得したときにおおよその税額を計算しておいて、事前にストックしておくようにしましょう。特に住宅ローンなどを組んで不動産を購入する場合には、後から追加借り入れをすることのないように必要な費用を全て概算で見積もって、その金額を借り入れるようにしなければなりません。

Filed under: 未分類 — へいちゃん 5:33 PM